宿場と街道のまち・草津の商工業発展をめざして
ここからパンくずリストホーム > セミナー開講のご案内 > リーダーの為のメンタルケア研修〜部下の不調への速やかな気づきと対処法〜パンくずリストここまで

セミナー開講のご案内

〜部下の不調への速やかな気づきと対処法〜 リーダーの為のメンタルケア研修

主催:草津商工会議所
 メンタルヘルス推進のキーパーソンであるリーダー(管理監督者)は、従業員が能力を最大限発揮できるように、日頃から職場環境等の改善を進めるとともに、「いつもと違う」部下の不調に速やかに気づき、対処していくことが求められています。
 本研修では、まずリーダー自身にセルフケアを身につけて頂き、その上でメンタル不調の従業員に対してどのように接していけばよいか、メンタル不調を起こしにくいポジティブな環境とはどのような環境かをご紹介します。さらに、生産性を高めるチームづくりをお伝えします。

開 催 要 項
主催 草津商工会議所
日時 10/10(水) 13:00〜17:00
会場 草津商工会議所
受講料 1名につき会員:10,000円(税込)   非会員:13,000円(税込)
定員 20名
対象者 管理監督者(役職者の方、グループリーダー等)
講師 小川 菊乃 氏(株式会社日本総合カウンセリング全国統括マネージャー)
ラインケアってなに??
 ラインケアのラインとは「業務上の指揮命令系統」を指します。
つまり、ラインによるケアでは、部長・課長等の“管理監督者が職場環境などの改善や労働者に対する相談対応を行うこと”です。
 それには「いつもと違う」部下に早く気づくことが重要です。
気づくことに加えて、何が必要か?信頼される上司に必要な視点を学んでいきましょう。
事業主と同じく管理監督に託された「安全配慮義務」!
  • 部長・課長等の管理監督者には、使用者である事業主から、労働者である従業員に対して、指揮・命令を行うための権限が委譲されています。この権限に基づいて、管理監督者は、部下に指揮命令をして業務を遂行し、部下の評価をしていますが、同時に「部下である従業員の健康を守る義務」も課されています。
  • “従業員を業務に従事させるにあたって、過度の過労や心理的負担をかけて社員の心身健康を損なうことがないように注意する義務”これを「安全配慮義務」と言い、管理監督者は、事業主から、部下である従業員を管理監督する権限が委譲されていることから、この安全配慮義務の実行責任を負っています。

申込要領

  • 申込書に必要事項をご記入の上、FAXまたはインターネットにて10月9日(火)までにお申込み下さい。
  • 開講決定後、受付確認書(参加者氏名確認・受講料お支払い方法等記載)をお送りいたします。
    ※催行定員に達しない場合は中止させていただくことがございますので、ご了承下さい。
    ※受付後のキャンセルはご遠慮願います。(キャンセル料をいただきますので予めご了承ください)

お申込み・お問合わせ

〒525-0032 草津市大路2丁目11-51
草津商工会議所 総務課
TEL 077-564-5201 FAX 077-569-5692 http://www.kstcci.or.jp/